主なメンバー

日本長期信用銀行の投資顧問子会社でファンドマネジャーを歴任した後、2000年イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社を創立し代表取締役社長に就任。20164月より現職。一橋大学大学院国際企業戦略研究科非常勤講師。一橋大学社会学部卒業、イェール大学経営大学院修士(MPPM)、専修大学大学院経済学研究科博士(経済学)。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。日本ファイナンス学会理事。行動経済学会顧問。

S&P社にて21年に渡り、証券化部門長、在日代表、アジア太平洋地域ヘッド等を歴任、2015年イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社入社。イボットソンを含む米国モーニングスターのアジア地域の営業企画推進を統括、20164月より現職。同時に米国モーニングスターのジャパン・カントリー・マネージャーも兼任。University of Wisconsin-Madison卒業。

日本長期信用銀行、長銀投資顧問、UBSアセットマネジメントを経て2000年イボットソン・アソシエイツ・ジャパンを共同設立。設立以来15年以上にわたり、コンサルティング業務、資産運用業務に携わる。慶應義塾大学理工学部卒業。日本証券アナリスト協会検定会員。日本アクチュアリー会準会員。日本ファイナンス学会理事。

米系銀行、会計事務所、ドイツ系証券会社を経て2011年イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社に入社。経理、総務、人事を担当。上智大学外国語学部卒業。1993年税理士試験合格。東京税理士会四谷支部所属。

UBSグローバルアセットマネジメントにて、日本株式ファンドマネジャー、パフォーマンス・リスク分析などのミドルオフィス部門担当を歴任。2008年イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社に入社の後、投資信託データを中心にデータ関連部門を統括。早稲田大学社会科学部卒業。早稲田大学ビジネス情報アカデミー「ファンドマネジメント講座」講師。日本証券アナリスト協会パフォーマンス基準委員会委員。

大和証券株式会社を経て2003年イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社に入社。アセット・アロケーションのコンサルティング業務、ファンド分析業務、投資助言業務などに従事し2011年より執行役員資産運用部長、2014年より現職。慶應義塾大学商学部卒業、一橋大学大学院国際企業戦略研究科専門職学位課程卒業(経営修士(専門職)「金融戦略・経営財務MBA」 を取得)。日本証券アナリスト協会検定会員。

2008年事業譲渡によりイボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社に入社。国際基督教大学教養学部社会科学科卒業。2012年金融審議会「投資信託・投資法人法制の見直しに関するワーキング・グループ」、2016年同「市場ワーキング・グループ」委員。